2019
09.05

【妖怪】私のせいじゃない。

all, 田原共恵

真の私に目醒めるサロン
sleepの田原共恵です

 

4年前に、

100万円するスクールに
大分から大阪まで1年間通いました。

 

 

受講費用がなくて

 

だけど、どーしても行きたくて

行きたくて

行きたくて

 

 

考えて考えて
背中が痛くなるほど考えて

 

借金して行きました。

 

 

そして、どうなったかというと

卒業する頃には5倍の売上になって帰ってきた。

 

詳細は先日公開したコレをみてね。

∟【大公開】お金の流れ見せます。なぜなら内面だから。

 

 

なんでそうなったのか。
当時は全然わけもわかってなくて

・頑張ったから

 

とか

 

・諦めなかったから

 

みたいな
曖昧な言語化しかなかった。

 

誰かに「たまたま運がよかっただけだよ」って言われたら

「そうかもしれない、、」ってシュンとしてしまう程度。

 

 

でも、

 

自分が長期講座をやるようになって
ハッキリしたことがあるので、今日は書きます。

 

 

耳が痛い人が多いと思います。

 

 

でも、超大切な話です。

 

何に払っても自分に返ってくる人。
何に払ってもあぶく銭になる人。

 

ここに差があり!!

 

長期講座をやり出して、
頭を悩ませたことがあります。

 

それが、欠席者の補講。

 

1人でも欠席者が出ると

 

その人のために、再度の補講を用意しなきゃならない。
次期があれば、次期クラスの同じ講に振り替えということになるのだけど、

 

主催する側として
ハラハラした気持ちがずっとありました。

 

それがずっと違和感で心地悪いと感じていた。

 

そもそも「補講、ありますよね?」って
当たり前のように休んでいく人ってなんなのか??

 

受講料はお支払いしてるので
キッチリ受講する権利がある

 

という主張があるとして、

あなたも、その通りだって思いますか?

 

受講料ってなんなんだろうね。

 

ここをハッキリさせておかないと
長期講座を受ける側でいる時はもちろん

 

自分が主催する側になった時に、てきめんクる。(精神に)

 

ところで、

 

私は、私の世界から
浪費をなくしたいって思ったんです。

 

使っても使っても
全部、自分に戻ってくる(投資)っていう世界がいいラブ
そしたら、お金払うのがどんなに楽しいか

 

そうするためには、どうしたらいいのかな。

 

それは自分をちゃんと見るってことです目

 

100万のスクールに1年間通うと決めた時

 

私は、私にお金を払ったんです。
自分自身へ100万という支払いをしたんです。

 

1年間のスクールで、
一回だけ私は授業を休みました。

 

離婚問題でゴタついていて、すごくしんどくて行く気になれなかったのです。

 

休むに値する、正当な理由がありました。
そう思っていた。

 

それは、、、

離婚だなんて、大変な出来事と直面してる私は

可哀想だから。

 

旦那に手を上げられて、
理解されずに

 

可哀想な私、、、

 

だから、堂々と休んでもいい。
なんなら同情してもらえるだろう。
(うわ〜、書いてて嫌だww)
(でも、そう思ってた、、恥)

 

 

でも。
その休んだその時間だって

 

自分が行くと決めた
やりたい!と思って、お金を支払った時間だったはず。

 

ということは、、

代わりにやってるコレに、100万をかけているということになる。。。

 

可哀想な私
そこに集まる同情

 

に、
100万も払ってるんか私はΣΣ(゚д゚lll)!

 

と、
はっっ!としたのですよ

 

 





ゲローオエ〜

 

 

もう、絶対こんなんやめる!!!
もっと楽しくてやりがいあることに
お金使うーーーー!!!

 

と思って
たった一度休んだだけで

 

次講から無事に復帰しました。

 

 

長期講座って
一度来なくなると、そのままズルズル
フェードアウト、、ってこともよくあります。

 

 

受講料って、

 

授業の内容や、なんやかんやに対して
発生してる費用ではないんですよ。

 

自分に払ってるという自覚を持つべき。

 

 

それがない人は

 

講師の文句を言ったり

講座内容を批判したり

どんなにお金かけても、何にも身にならなかった、、と自分を責めたり

 

どれもこれも
検討外れもいいところ。

 

最初から、自分が自分に払って終わりです。

 

さあ、これだけ払ったぞ!
さあ、何をくれるんだ?!さあ!

 

って、待つだけ態度の人は

そんな自分でいることにお金をかけている。

 

みんなと比べて、私は出来てない。

周りはすごくて、私は劣等生。

 

って、ずっとウジウジしてる人は

そんな自分でいることにお金をかけている。

 

 

いいもん、どうせ私には理解できないし。
どうせ分かってももらえないし!

 

って、拗ねてしまう人は

そんな自分でいることにお金をかけている。

 

ね?ハッキリとしません?
お金をかけて学ぶと。

 

「そんな自分をやめたいです」
「もっと〇〇になりたいです」

 

といいながら

そんな自分でいることに、
手間暇、労力をかけて丁寧に持続している自分を

 

嫌でもみちゃうよね?

 

 

私は気づいてしまって

あっほくさ!!Σ( ̄Д ̄ )

辞める!もう今すぐ辞める!!

って思って、辞めた。

 

そしたら
次の月の売上、バーーーン

∟【大公開】お金の流れ見せます。なぜなら内面だから。

 

 

意識、ヤバくない???

その時は、こんなにハッキリ言語化できてなかったんだけど

意識はグッと変わったの。

 

そしたら、現実にちゃんと出る。

 

で、

「お金がない」んだとしたら

それは、ビンボー症でケチ臭い証なんですよ

「お金がない」を具現化させてるのだから。

浪費をなくすってことは

 

全部、投資なのだとしたら?という前提でもう一度世界をみてみるという事だよ。

 

あなたは、何にお金を払ってる?

何に労力を注いでる?

何に時間を費やしてる?

結果として何を手にしてる?

 

それ、本当にやりたいことですか?

本当に欲しいものですか?

 

受講費用は、自分に払ってお終い。

授業は、その時用意された、それだけ。

 

その時間、「行かない」を選択した自分を横に置いて
再受講の権利を主張する。

 

ちょっと待ってね。

 

授業に行かなかった間に、
していたこと。

考えていたこと。

 

そこにあなたが受講料相当の価値をかけてる証拠なのだよ。

 

※もちろん、出席したとしても同じね。

 

 

変わりたいです!と言いつつ、なにしてる?

稼ぎたいです!と言いつつ、なにしてる?

 

自分で、ちゃんと気づくんだよ。
誰も代わりに、気づけやしないんだ。

 

100万払って、可哀想やってた私、、

 

って気づいた時は
情けなかったよ。。。

でも、この先もずっと
情けなく生きるかどうかは

 

今、決めれるんだ。

 

補講があるとすれば、オマケだよ。
その期は、その期に「行く」と決めて動いた人達のために用意された場です。

 

「休んだ日」まで含まれて、授業になってますよーーーー。

 

昔の私は、
補講はございませんので、しっかり日程調整の上でのお申込みお願いします
と明記されてる講座を見て

 

厳しいなーー

 

子供の具合とか急に悪くなることもあるのに、、

子育て世代に優しくない!

私なら、こんな風にやらない!!

 

って感じてたんだけど

 

どれだけ、それが愛ある態度だったか、、と今は思うのですよ。

 

いつまでも、子供のせい。

いつまでも、誰かのせい。

いつまでも、環境のせい。

口では立派風なこと言ってても

態度がチグハグなんよね。

講座のやり方に出るんだわ。

 

自由で、自主性を持ってやってるようで

 

子供が〇〇なら仕方ないよね

旦那が△△なら仕方ないよね

地方だから仕方ないよね

お金が無いなら仕方ないよね、、、

 

仕方ないのよ。私のせいじゃない。

 

だから私のために、補講スケジュールくらい用意されるべきだ!!
(補講スケジュールは用意してあげないと!)

 

 

って

 

か弱そうなフリしてても
まるでモンスターよね

 

アーンド、ぬくぬくとモンスターを育てる講師。。
生徒のためじゃない。自分が嫌われたくないだけ。

 

 

そう、
やってる本人が無自覚なのがタチ悪いゲロー
(私は無自覚だったぁ泣 )

 

自分をかえりみれるのは、
自分だけ。

 

気づいたら、さあ
どうする?

 

今、自分で決めるん